貧血改善には鉄分を多く含むレバーがとても効果的

ウーマン

がん予防に効果

男女

近年、がん予防にとても効果があるとして注目されているのがシイタケ菌糸体です。これは普段食用として食べられている笠の部分ではありません。糸状の形をしているもので、分かりやすく説明すると、植物の根っこのような部分です。このシイタケ菌糸体と呼ばれている部分に栄養が溜め込まれる事により笠の部分が作られます。菌糸体はシイタケの母体に当たる部分で、有用成分も特徴的な成分が含まれているのです。免疫活性化作用が特に有名で、免疫抑制細胞の増殖を抑える働きがあります。免疫抑制細胞が抑えられることで、癌細胞を免疫細胞が攻撃することができるようになるのです。通常癌細胞に侵食されると免疫抑制細胞が増える傾向にあります。その為、通常であればすぐに免疫細胞が癌細胞を攻撃することができるのですが、免疫抑制細胞が増えることで免疫細胞が癌細胞を攻撃できなくなるのです。そのような理由から、癌細胞が増殖し転移などをしてしまうようになります。免疫抑制細胞の増殖を抑えることが、がん予防には大切になるでしょう。そして、免疫抑制細胞の増殖を抑制する働きがシイタケ菌糸体の成分に含まれている為、がん予防に効果が期待されているのです。また、この成分を用いたマウスを使った実験では、免疫抑制細胞の増加が抑えられた為、がんの進行も抑えられれたとの実験結果が報告されています。他の研究結果としてはがん治療中の体力などが向上したり、がんの再発を予防する働きが報告されているのです。シイタケ菌糸体を利用することで、がんの予防に役立つでしょう。